日本酒の会
会報 第23号('98/5/2作成)

第23回例会は平成10年4月30日(木)に、弘前市北瓦ヶ町『Bistrot Raisin』で開催されました。
日本酒は7銘柄、参加者は10名でした。


第23会例会で出された日本酒

今回も良いものがあります。

勝駒純米 純米酒 勝駒
【富山県 (有)清都酒造場】[純米 1800ml:\3,300]
★★★★−
会員のコメント
「フルーティ」「すっきりしていて、後味も良い」「今日の他の酒にひけをとりません」
初心 秘伝山廃仕込純米大吟醸 初心(はつごころ)
【石川県 (株)福光屋】[純米大吟醸 1800ml:\10,000]
★★★☆−
|山田錦40%|日本酒度+4.2|酸度1.6|杜氏 大浦満|
秘伝山廃仕込純米大吟醸はつごころ
選び抜かれた米を磨きに磨き醸した大吟醸は、酒の芸術品ともいわれます。その造りは奥深く、繊細。「はつごころ」は、熟練した杜氏が初心にかえって醸した逸品です。
兵庫県中町坂本との契約栽培による「山田錦」のみを使用し、伝統の山廃モトで仕込んだ純米大吟醸です。香り高く、繊細な味わいです。室温でそのままか、冷やしてお楽しみください。
会員のコメント
「山廃モトの独特の香り、味わいです」「したざわりが硬い」「少し日をおいてから味わいたい」
黒縄 朝日鷹 黒縄 純米大吟醸
【山形県 高木酒造(株)】[純米大吟醸 720ml:\4,200]
★★★★☆
大吟醸「黒縄」は代々伝承された「玉返し」という秘伝の技をもって”七垂二十貫”に造りあげた酒の芸術品ともいうべき珠玉の大吟醸酒であります。 酒の命である米は、かつて当羽州より最上川を下り北前船で江戸や上方に運ばれ、なかでも特別良質米には俵に黒縄をかけて区別し、珍重されておりました。 今日、厳選された酒造好適米の「心白米」だけを使用し葉山の湧水「桜清水」とで醸し出された神秘の酒は「黒縄」ならではの熟成したまろやかさと、のどごし・キレの良さ、優雅な芳香の素晴らしさが身上です。 じっくりとお楽しみいただきたいと存じます。 お召し上がり方−−そのまゝでも結構ですが、七〜八度に冷やして召し上がっていたゞければ最高です。 尚、おいしさを損なわないため、あつ燗はさけて下さい。 又、保存は冷蔵庫で保管し開栓後はお早くお召し上がり下さい。
Kさん、よくぞ手に入れてくれました。高木酒造さんと言えば、もう十四代が有名ですが、黒縄は山形県内の限定ものだそうです。十四代をさらにまろやかにしたような味わいです。
会員のコメント
「バランス良く、すっきりした味わい」「のどごしがよく、キレもある」「上品な味わいです」「文句無しにうまいと思う」「後味に少し苦さを感じる」
天狗舞純吟 天狗舞 純吟 真精純米大吟醸
【石川県 (株)車多酒造】[純米大吟醸 720ml:\6,000]
★★★★★
純米吟醸天狗舞:霊峰白山に源を発する清冽な伏流水により、文政六年(一八二三年)より連綿として今日まで造られてきた芳醇な地酒、それが天狗舞です。  弊蔵の大吟醸酒は、最高級の酒造好適米を真珠の玉の様になるまで最高精白し、低温発酵でゆっくりと丁寧に醸された、杜氏と職人の技能の粋を尽くした手造りの清酒です。  殊に、純米大吟醸天狗舞は、その年の大吟醸酒の仕込みの中でも厳選した一本から、一滴一滴時間をかけて搾り出されたその年最高のお酒です。  繊細でなめらかな味わいとともに、華やかで優雅な吟醸香をお楽しみください。  10℃前後がもっともおいしくお飲みいただけるかと存じます。  なお、本品は生酒ですので、品質の劣化を防ぐため保管は必ず冷蔵庫でお願いいたします。  また、本来の品質をお楽しみいただくため、早めにお召し上がりください。
会員のコメント
「あー、別格」「天狗舞独特の深い味わい、のどごしにさらにひと味」「キレがよい」「他にはない旨味、コク」「個人の好みに関わらず、会員みんながおいしいという酒はやはりこれだけですね。今のところ」
出羽桜大古酒 大吟醸 大古酒 出羽桜 冷温熟成
【山形県 出羽桜酒造(株)】[大吟醸 720ml:\10,000]
★★★★☆
平成弐年醸の5500本のうちの2994本目のものです。8年古酒ということになるのですね。
会員のコメント
「まろやか」「大事に大事に熟成された感じを受けます」「古酒に対する考えを改めさせてくれる逸品」
黒龍吟十八 黒龍 吟十八号
【福井県 黒龍酒造(株)】[吟醸 1800ml:\2,500]
★★★★−
会員のコメント
「きれいな味です」「すっきりさっぱり」「1升2500円とはすばらしいですね」

国稀吟醸 国稀 吟醸
【北海道 丸一本間(名)】[吟醸 720ml:\2,500?]
★★★★−
会員のコメント
「国稀大吟醸に劣らぬ味わい」「香りも良いしキレも良い」

勝駒純米酒は、いいお酒ですよ。以前、大吟醸を飲みましたが、勝駒特有のすっきりしていてしかし味わいもしっかりとしているところは、この純米酒も同様です。
黒縄は、会員みんなが文句無しにうまいと言いました。★も5に近い評価が出ました。
でも、なんと言っても、天狗舞純吟はやはり別格です。この会の唯一の5つ星という評価は、今回もゆらぐことはありませんでした。すばらしいの一言です。
料理はビストロとは思えないような皿ばかり。はまぐり、かき、金目鯛の香草焼き、鯨の生ハム、パスタ、など、お酒にも料理にも会員全員が満足した例会でした。

このページについてのメールはkudos@hi-net.or.jpへどうぞ。
ホームページへ