2017年〜2018年度
八戸南ロータリークラブ 第43代会長

 米 内 安 芸
Aki Yonai

【 2017~2018年度クラブ方針 】


 身の引き締まる思いで伝統ある八戸南ロータリークラブ第43代の会長を
仰せつかりました、感謝申し上げます。

 大きな変革の年でもある2017~2018年度のRI テーマは
ROTARY : MAKING A DIFFERENCE(ロータリー:変化をもたらす)です。
ディファレンスを、違い差異差別意見の不一致等が主な意味と捉え、意見の違いを乗り越えても変化しなくてはならないと理解いたしました。
 
 ダーウィンの“生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである”、150年過ぎた第4次産業革命といわれる現在こそ的確な格言と思われます。

 RIもこの潮流でのテーマと考えます。

 但し、ものの持つ本質とDNAは不変が基本なのだと思います。グローバル化が言われて久しいですが日本人のもつ職業倫理感は欧米には無い文化として誇れるものがあり、それは日本のロータリアンの哲学にも思えます。この哲学の不易とRIテーマの双方に対応していくため英知が求められるところです。

 地区のスローガン、 Let’s Take Action !(行動に移そう!)にも添い
八戸南ロータリークラブの方針を「魅力あるクラブにしよう!」にさせていただきました。
 他クラブに先駆けて、困難とおもわれる規定審議・戦略計画委員会の立上と、各委員会の統合変更も済ませていただきました、あとは魅力あるクラブに邁進するのみです。魅力あるクラブとは未来永劫入会希望者が尽きないということでもあります。親睦活動やコミュニケーション活動等にもう一つロータリーを共に生きがいとして年齢による退会者が無くなるよう、先ず現会員が何をおいても例会に参加したくなるようにできればと思います。会員がクラブに望むことを反映するところから始めたいと思います。
 32代久保田年度時の幹事拝命の折りも大きな変革でした、大きな変革に巡り合うことが天の采配のようです。カメラマンという職業柄しっかりと本質を見極めて全力を尽くさせていただきたいと存じます。
 非力な会長です、どうぞ会員の皆様の力をお貸しいただきますようよろしく、よろしくお願い申し上げます。

八戸南ロータリークラブは、皆様からご提供いただいた個人情報を厳重に管理し、第三者が個人情報及び個人履歴に不当に触れることがないように、セキュリティの強化に努めます。