他人への思いやりと助け合い

ロータリークラブでは、

クラブ奉仕・職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕

の5つの奉仕を基本に、各自の職業を通じて
奉仕の理想を推進することを目的としております。

ロータリーの綱領

ロータリーの綱領は、有益な事業の基盤として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項を鼓吹育成することにある。

  1. 奉仕の機会として知り合いを広めること。
  2. 事業および専門職務の道徳的水準を高めること、あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること、そしてロータリアン各自が、業務を通じて社会に奉仕するために、その業務を品位あらしめること。
  3. ロータリアンすべてが、その個人生活、事業生活および社会生活に常に奉仕の理想を適用すること。
  4. 奉仕の理想に結ばれた事業人と専門職務に携わる人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること。

  

四つのテスト

世界中のロータリアンは以下の4つを行動の規範として奉仕活動に取り組んでいます。
すべての言行は先ずこれに照らしてから

  1. 真実かどうか
  2. みんなに公平か
  3. 好意と友情を深めるか
  4. みんなのためになるかどうか