HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

ICANOFの図録・写真集
・ICANOF Media Art Show 2004
・ICANOF Media Art Show 2002-03
・ICANOF Media Art Show 2001

icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 ICANOF アーカイヴ 】
- ICANOF Archive Materials -



「ICANOF/MEDIA ART SHOW 2001」刊行に寄せて


 小学校の物置から埃りをかぶった一枚の絵が発見される。ふと、それに目をとめた人の手によって、何日もかけて修復され、写真に撮られる。そして作者探しが始まる。やがて、それがレイテ島で戦没した画学生のものだと判明する。作者は八戸生まれでも八戸育ちでもなかった。その絵がなぜ、どういう経緯で、今ここにあるのか。歴史の地層を辿りかえす長い旅が始まる。――本書にはそうした、さりげない、さりげない分だけ、どこか奇跡的とも言えそうな数多くの写真とエピソードが鏤(ちりば)められている。  「この街にはこの街なりの色んな動きがあるけど、今ひとつ大事なものが欠けている気がするね。それがあれば、それぞれの動きが大きなうねりになるような。それは何だろう。ひょっとしたら、それは、壁を飾りたてるような大文字の芸術ではなく、もっと身近な小さなメディアを用いた、誰でもが参加できるような小文字のアートなんじゃないかな。多くの市民が世代をこえてインタラクティヴに出会えるような、これから生まれてくる世代とも交信できるようなアート・ムーヴメントなんじゃないかな。」2000年秋に何人かでそんなことを言いあっていた時、そして2000年冬に、20名ほどのメンバーで市民アート・サポートICANOFというボランティア・ユニットを発足させた時でさえ、このような図録が実現するとは誰一人として考えてはいなかった。

 普通なら、埃りを払おうともしないのだ。まま埃りを払ってみたとして、おや、静物画のようだね、で終わりである。この人の絵は長野の無言館にもあるんですよと聞かされて、ほう、それは凄いですね、で終わりである。どこが凄いのか、言ってみてほしい。誰も他者の他者性にまで思い至ることなんかありはしない。そんな街で、このような図録が可能なのか。可能なのである。それがICANOFなのだ。

 写真は歴史をわしづかみにする。一挙に、私たちの目の前に歴史というものを鮮やかに現前させる。その反面、写真によってその絵を見た気になって、その絵の前まで足を運ぶことがないなら、写真は歴史を遠ざけるという逆の作用も発揮しよう。写真は両刃(もろは)の切り口をもっている。そのことに触れた写真や寄稿も本書には収められている。言うまでもなく、わしづかみを可能とするのは、一人一人の、気の遠くなるような長い時間なのであって、現在150名を数えるICANOF全員の時間の積、150名分の記憶の総量なのではない。何かの弾(はず)みで埃りを払おうと思った、気がついたら埃りを払ってしまっていた、ある一人の個人の、そう言ってよければ、毛深い時間の風袋(ふうたい)。そこにこそ150名の見えない時間がICANOFという名の風となって噴きこんでいる。

 写真は20年前のデジタルメディアの登場、10年前のその急速な浸透とともに死滅するはずであった。写真の全機能はデジタルメディアがいっさい代替えできるからである。しかし写真は死滅しなかった。なぜか。私たちの図録はその理由をいくばくか残照させているはずだ。私たちは日々の暮らしの中で、本当に微小なものを、かけがえもなく無力なものを触知する力能をいつのまにか衰えさせてしまったようだ。この図録は、そうした現在の流れに抗して刊行された。

 五分の一ほどの写真や寄稿が集まった時点で、「写真の肖像・写真とメディア・写真とトランスカルチュラル」という三つの大まかなテーマを打ち出し、残り五分の四は、それぞれのテーマに即した写真と寄稿を揃えていくよう心がけた。多くの出会いがあり、その分、多くの曲折があり、むしろその曲折に助けられるようにして、編集工程が進められた。アドヴァイザリー・ボード諸氏や八戸市美術館や地元産業界など、有形無形の支援や叱正には、ことのほか勇気づけられた。

 おそらく公共の美術館やそれに類したメジャーな機関から刊行されたものではなく、着想から出版まで、ICANOFという市民グループの手によって創られた図録は、全国的にみてもほとんど例のないことかもしれない。今後、多方面から寄せられるであろう厳しい論難と黙殺に、果たして率直に呼応できるだろうかという、ひそかな畏怖と自負をもって。

2001年9月

ICANOF代表 米内安芸ほかICANOF一同
文責 ICANOFキュレーター 豊島重之


(図録"ICANOF Media Art Show 2001"より転載)



Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved