HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

イヴェント情報
ICANOF Events

モレキュラー・シアター
20周年公演
『PANTANAL パンタナル』
(2006.9.18)


past events

ベケット東京サミット
=ベケット99年祭
『ベケット・イマネンス
BECKETT IMMANENCE』
BECKETT TOKYO SUMMIT = Media Art Show for 99th Anniversary of his birth
(2005.7.14-18)



山本貴士・豊島重之 二人展
『明かずの間・行かずの地が与えられたとせよ』/ 『Camera Scotomata (カメーラ・スコトマータ) II』

(2005.2.19-3.12)

ACAC冬の芸術講座
ダンスワークショップ 「目で触れる、耳に触れる、針が振れる、空気がブレる、時間が震える、、、、」
(2005.2.11-13)
ダンス公演
「フレ・ブレ(Configuration Error)」
(2005.2.13)

モレキュラー・シアター公演
「HO PRIMER」
MOLECULAR THEATRE Performance "HO PRIMER"
(2004.7.9-11)

ララ派写真展
「風景の頭部」
Lateral Landscapers Show 2004
(2004.7.9-11)

ラテラル・ランドスケーパーズ・ショウ
「Camera Scotomata」
Lateral Landscapers Show
"Camera Scotomata"
@photographers' gallery
(2004.7.1-13)

icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 イヴェント情報 】
- ICANOF Events -
Enclaved and Exclaved events of ICANOF, Lateral Landscapers, Molecular Theatre, etc.
ベケット東京サミットBECKETT TOKYO SUMMIT
=ベケット99年祭 Media Art Show for 99th Anniversary of his birth


 
ベケット・イマネンス
BECKETT IMMANENCE



ノーベル文学賞の小説家・劇作家サミュエル・ベケット生誕百年を2006年に控えて「もうひとりのベケット像」を提出する。映画・ラジオ・TV・テープレコーダーの用法を創発したベケット/「不能の絵画」論にドゥブル=写真やセアンス=降霊会を共振させる「メディア・エフェクター」ベケット/権力のエクリチュールと交差する「イマネンス=内在平面」ベケット/今まさに「イミネンス=さしせまり」のベケット ――

We profile "another Beckett" on the edge of year 2006, the 100th anniversary of the birth of Samuel Beckett the Nobel Prize-winning Irish novelist playwright. Beckett, who uses films, radio, TV and tape recorders emergently/ Beckett, the media effector who resonates "unable painting" with pictures-doubles and séances/ Beckett, the immanence who crosses the writing of power/ Beckett, the imminence who is at this precise moment ――


コロック 《ベケットより出でて、ベケットに出でよ》 講師
吉増剛造(詩人)
鵜飼哲(フランス文学思想・一橋大学教授)
港千尋(写真家・多摩美大教授)
遠藤知巳(社会学・日本女子大助教授)
大野麻奈子(フランス文学・学習院大学研究員)
土屋誠一(美術批評家)
鴻英良(演劇批評家)
倉石信乃(写真批評家・詩人)
田尻芳樹(ベケット研究家・東大助教授)
八角聡仁(批評家・京都造形芸大助教授)
宇野邦一(仏文学・哲学・立大教授)
近藤耕人(ベケット研究家・明大名誉教授) 
©HANADA Satomi    


期 間:
2005年7月14日(木)〜18日(月・祝)
>> see detailed schedule
主 催:
モレキュラー Molecular Theatre
東京ICANOF Tokyo ICANOF
(財)国際文化交流推進協会 Japan Association for Cultural Exchange
助 成:
日本芸術文化振興会 Japan Arts Council
後 援:
国際交流基金 Japan Foundation
アイルランド大使館 Embassy of Ireland
2005年日・EU市民交流年 2005 EU-Japan Year of People-to-People Exchanges
日本サミュエル・ベケット研究会 Samuel Beckett Research Circle of Japan
会 場:
国際交流基金フォーラム The Japan Foundation Forum
(溜池山王 Tameike-Sannoh・銀座線南北線12番出口)
前売予約: 3000円 (当日3500円 5日間有効・1日でも同料金) 
※お席に限りがありますので、御来場予定日をお知らせ下さい。 >> for contact



映像舞台美術作品

豊島重之 TOSHIMA Shigeyuki (ICANOF)+ モレキュラーMolecular
実験演劇 「NOWOH ON(ナウオー・オン)」公演
――ベケット「NOHOW ON(ノーハウ・オン)」をめぐる近藤耕人 KONDOH Kohjinの戯曲三章に基づく。
15日18:00・16日14:00、19:00・17日14:00(4ステージ)
出演/ 足立智美 ADACHI Tomomi (ゲストパフォーマー) クリス・マン Chris MANN (ゲストパフォーマー) 大久保一恵 OHKUBO Kazue・苫米地真弓 TOMABECHI Mayumi・田島千征 TASHIMA Chiyuki(モレキュラー) 花田喜隆 HANADA Yoshitaka (東京ICANOF)

クリス・マン Chris MANN(豪州生れ・NY在住)
実験演劇「THERE/HERE(ゼア/ ヒア)」公演
――原題「Dunno How To Get There But Wouldn Start From Here (for voice and electronics)」based on Beckett's fragments
14日18:00・18日14:00(2ステージ)

パク・ファヨン PARK Hwa Young(韓国・Seoul在住)
実験演劇「ROK-A-BA-EE」公演
――Media Art Show based on Beckett's fragments
14日19:00・18日13:00(2ステージ)

佐藤英和 SATOH Hidekazu(東京ICANOF)
映像作品「BECKETT IMMINENCE(ベケット・イミネンス)


イベント&上演スケジュール

7月14日(木)開場17:30 
クリス・マン開演18:00  パク・ファヨン開演19:00
吉増剛造オープニングレクチュア19:30

7月15日(金)開場17:30 
モレキュラー(1)開演18:00
コロック1=港千尋・遠藤知巳・大野麻奈子19:30

7月16日(土)開場13:30 
モレキュラー(2)マチネ開演14:00
コロック2=倉石信乃・近藤耕人・土屋誠一15:30
モレキュラー(3)ソワレ開演19:00 (開場18:30)  

7月17日(日)開場13:00 
佐藤DVD映像作品「BECKETT IMMINENCE(ベケット・イミネンス)」上映13:30 
モレキュラー(4)開演14:00 
コロック3=吉増剛造・鵜飼哲・八角聡仁15:30

7月18日(月・祝)開場12:30 
パク・ファヨン開演13:00  クリス・マン開演14:00 
コロック4=宇野邦一・田尻芳樹・鴻英良14:30



Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved