1. HOME
  2. EXHIBITION
  3. GEIDAI
  4. PROJECT
  5. ARCHIVE
  6. PUBLICATION
  7. SHOP
  8. LINK
  9. ICANOF?
  10. >> MOL

■ICANOF代表:米内安芸
■プロデューサー:三浦文恵
■キュレーター:豊島重之
■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
14-18 Furujosenshita, Hachinohe-shi, Aomori, JAPAN
Zip/〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
e-mail:icanof@hi-net.ne.jp

ICANOFメディアアートショウ

ICANOF Media Art Shows 2001-2010

ICANOF 第8企画展 『68-72*世界革命*展』 

ICANOF 8th Media Art Show 2008 "68-72*ASTERISKED "
by photographs and digital images



(photo by TSUKIDATE Toshiei)


(photo by HANDA Haruko)

『68-72*世界革命*ポスター展』


企画趣旨:
ユメの中でユメを喰らう貘に〈*=ワイルドカード〉を!

(1) イマが2008年だって? ウソだろう、ユメでもみているのではないか。それともイマとは、無限定過去という時制をもつ写真のことだったのか。行く手を阻むレッドカードをかいくぐって「68~72年」へのタイムスリップ? むしろ無限定過去の渦中でポスターを一品制作するという、盗作ならぬ「倒錯のすすめ」。たとえば東映ヤクザ映画が一世風靡した68年、東大生橋本治(現・作家)による「とめてくれるな、おっかさん、背中のいちょうが泣いている」という大学祭ポスターが人気を博した。それに倣って、同年「あしたのジョー」「ハレンチ学園」新連載や翌年「もーれつア太郎」に「ニャロメ」初登場のポスター、というのは不可能だろうか? いまどき無意味だろうか?

(2) とかく捏造の噂が絶えない69年アポロ11号の月面着陸と、その月の石が展示された70年大阪万博と、71年銀座三越に初のマクドナルド一号店進出をオーヴァーラップさせるポスターはある意味容易だが、その反面、68年米軍による南ベトナムのソンミ地区ミライ村虐殺事件と、69年狂信教団マンソン・ファミリーによるシャロン・テート虐殺事件と、72年連合赤軍妙義山リンチ殺人事件を、どう映像的にスクラッチ・ラップさせるかは、そう容易ではあるまい。

(3) どんな映像にも言葉が伏在している。しかしそれを文字にしてしまえば、それもまた映像に変貌する。ポスターとしてのメディア機能は失わずに、もう一つの過剰さがICANOFには求められている。それなら68年の決定版。変装白バイ警官による12月東京府中の三億円強奪事件は時効を迎えたが、その直前の10~11月東京・京都・函館・名古屋の連続射殺魔=永山則夫は翌年4月逮捕された。彼の故郷・板柳の「木橋(もっきょう)」 から流れ出した「異水(いすい)」が、刑死する(刑殺される)までの「黙狂の日々/異水の世紀」を暗示するとすれば、そこにどんなポスターが構想され るだろうか。