HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

八戸芸術大学

#22 矢野静明 レクチュア
「ファン・ゴッホの絵画と生涯」
(2007.02.17)
#21 田島千征ダンス上演
「CORIOLIS II」
倉石信乃 レクチュア
「バタイユと写真/美術のアノマリー」 ほか
(2006.7.20)
#20 苫米地真弓ダンス映像+ダンス上演
「写真/ここになき、灰(FOTEU LA CENDRE) I・II」
鵜飼哲 レクチュア
「カルトポスタルとテレパシー (写真・郵便・デリダ)」
(2006.7.20)
#19 酒井健 レクチュア
「写真とバタイユ――聖なる映像について」
(2006.1.14)
#18 足立智美 パフォーマンス
「赤外線シャツ」
笹岡啓子 スライド・ショウ
「PARK CITY」 ほか
(2005.09.18)
#17 佐藤英和 作品上映
「CAN OF ICANOF」 ほか
(2005.09.17)
#16 中平卓馬 スライド・ショウ&トーク
(2005.04.09)
#15 吉増剛造 レクチュア
「詩と写真の地名をめぐって」
(2004,9.5)
#14 高梨豊 レクチュア
「『町』から『地名論』へ」
(2004.9.4)
#13 中ザワヒデキ リーディング・パフォーマンス
「アルファベット絵画の中ザワヒデキと朗読ダンス」
(2004.8.7)
#12 岡村民夫 レクチュア
「マルグリット・デュラスの映画」
(2004.3.21)
#11 楠本亜紀 レクチュア
「アンリ・カルティエ=ブレッソンの、逃げ去るイメージ」
(2004.3.20)
#10 八角聡仁 レクチュア
「風景にメス展をめぐって」
(2004.3.13)
#9 遠藤利克 レクチュア
「火のアートと水のアート」
(2004.2.15)
#8 しりあがり寿 レクチュア
「死と再生の物語/物語の死と再生」
(2003.10.18)
#7 南條史生 レクチュア
(スライドレクチュア on パブリックアート)
(2003.8.10)
#6 石内都 レクチュア
「記録と記憶、写真とジェンダー NYの女性たちは今なぜ黒を着るのか」
(2003.5.11)
#5 梅内美華子 レクチュア
「写真と短歌のゼブラゾーン」 ほか
(2003.1.12-3)
#4 ゲイダイ学園祭@わいぐ
豊島弘尚 講演「北の光に〜賢治の絵をめぐって〜」 ほか
(2002.9.22-3)
#3.5 夏期特別講座
ICANOF版しゃべり場 「だめでなんでだめやねん」
(2002.8.14)
#3 中嶋夏 レクチュア
「土方巽とマフマルバフの魅力」
(2002.8.3-4)
#2 吉田文憲 レクチュア
「宮沢賢治再発見」
(2002.6.22)
#1 加須屋明子 レクチュア
「芸術と環境 ――とくに写真と身体とエコゾフィについて」
(2002.3.22)


icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 これまでのゲイダイ 】
- Past ICANOF Seminars -
第1回 八戸芸術大学

八戸芸術大学(略称geidai)オープニング・セレモニィ
オープニング・レクチュア
 加須屋明子 スライド・レクチュア&トーク
 「芸術と環境 ――とくに写真と身体とエコゾフィについて」
H13年度活彩あおもり「イメージアップ推進賞」受賞記念パーティ

2002年3月22日(金)pm6〜9:30
天聖寺ホール(八戸市十六日町・木村書店隣り)
会費 3500円(ワイン・ドリンク・「イカノフ・ピザ」付き・・・)

主催 市民アートサポートICANOF
協力 天聖寺、cafe Tropico

(1) 2000年12月、八戸市民有志で結成されたアート・ボランティア・ユニット「ICANOF」が2001年各種の催しをはじめ、9月には八戸市美術館で大規模な企画展(延べ2000人の入場)を成功させ、とくに420ページの全国にも例のない「図録」を発刊しました。上記のごとく「イメージアップ推進賞」を受賞しましたので、その報告を兼ねて、ICANOF以外の市民の方々もまじえて、受賞パーティを開きます。ワインやドリンクの他、「イカノフ・ピザ」も初登場!
(2) 新たにICANOFでは、「八戸芸術大学(略称geidai)」をスタートさせることになりました。その開講式もかねて行います。その第一回特別講師として大阪から「国立国際美術館」の加須屋明子(かすやあきこ)さんをお招きしました。30分のスライド・トークのあと、加須屋さんをまじえてシンポジウムもなごやかに行われます。多くの市民の方々のご参加をお待ち申しております。
(3) ライヴ演奏もあり。出演「ゾディアック・ノヴァ・・」(pm 6:15〜)

オープニング・レクチュア 講師紹介
加須屋明子 KASUYA Akiko

国立国際美術館・学芸員。89年より91年までポーランドのクラクフ、ヤギェウォ大学哲学研究科美学研究室留学。91年京都大学大学院博士後期課程修了。91年より現職。大阪在住。

レクチュア要旨

環境は、地球温暖化や狂牛病問題など、私たちの生活に密着したエコロジカルな外的環境をさしていますが、もうひとつ、内的環境への「エコゾフィ」的視点(文化・精神のエコロジィ)もまた、私たちにとって、忘れてはならない問題です。一口にいうと、「心のあり方」における危機感を、どう乗り越えていくかという新しい哲学です。 21世紀を生きる芸術家たちは、とりわけ、この「エコゾフィ」的視点を作品にまで昇華しようとしています。
その具体例をいくつか、女性写真家石内都(いしうちみやこ)さんの有名な写真「傷痕シリーズ」など、スライドで紹介していきます。



「八戸芸術大学」には、大学の建物もキャンパスも講義室も存在しません。意欲のある学生(すなわち私たち市民)と優れた講師陣のみによって成立します。私たちの住む、この街そのものが「八戸芸術大学」です。
ICANOFでは、この「八戸芸術大学」を2ケ月に1回、特別講師をお招きして、継続的なシリーズとしていきます。
今回は「芸術環境学入門」
次回以降は「写真学入門」「映画学入門」「アニメCG学入門」「コミュニケーション学入門」「芸術哲学入門」・・・実技やワークショップも盛り込む予定です。
2002年3月15日




Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved