HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

八戸芸術大学

#22 矢野静明 レクチュア
「ファン・ゴッホの絵画と生涯」
(2007.02.17)
#21 田島千征ダンス上演
「CORIOLIS II」
倉石信乃 レクチュア
「バタイユと写真/美術のアノマリー」 ほか
(2006.7.20)
#20 苫米地真弓ダンス映像+ダンス上演
「写真/ここになき、灰(FOTEU LA CENDRE) I・II」
鵜飼哲 レクチュア
「カルトポスタルとテレパシー (写真・郵便・デリダ)」
(2006.7.20)
#19 酒井健 レクチュア
「写真とバタイユ――聖なる映像について」
(2006.1.14)
#18 足立智美 パフォーマンス
「赤外線シャツ」
笹岡啓子 スライド・ショウ
「PARK CITY」 ほか
(2005.09.18)
#17 佐藤英和 作品上映
「CAN OF ICANOF」 ほか
(2005.09.17)
#16 中平卓馬 スライド・ショウ&トーク
(2005.04.09)
#15 吉増剛造 レクチュア
「詩と写真の地名をめぐって」
(2004,9.5)
#14 高梨豊 レクチュア
「『町』から『地名論』へ」
(2004.9.4)
#13 中ザワヒデキ リーディング・パフォーマンス
「アルファベット絵画の中ザワヒデキと朗読ダンス」
(2004.8.7)
#12 岡村民夫 レクチュア
「マルグリット・デュラスの映画」
(2004.3.21)
#11 楠本亜紀 レクチュア
「アンリ・カルティエ=ブレッソンの、逃げ去るイメージ」
(2004.3.20)
#10 八角聡仁 レクチュア
「風景にメス展をめぐって」
(2004.3.13)
#9 遠藤利克 レクチュア
「火のアートと水のアート」
(2004.2.15)
#8 しりあがり寿 レクチュア
「死と再生の物語/物語の死と再生」
(2003.10.18)
#7 南條史生 レクチュア
(スライドレクチュア on パブリックアート)
(2003.8.10)
#6 石内都 レクチュア
「記録と記憶、写真とジェンダー NYの女性たちは今なぜ黒を着るのか」
(2003.5.11)
#5 梅内美華子 レクチュア
「写真と短歌のゼブラゾーン」 ほか
(2003.1.12-3)
#4 ゲイダイ学園祭@わいぐ
豊島弘尚 講演「北の光に〜賢治の絵をめぐって〜」 ほか
(2002.9.22-3)
#3.5 夏期特別講座
ICANOF版しゃべり場 「だめでなんでだめやねん」
(2002.8.14)
#3 中嶋夏 レクチュア
「土方巽とマフマルバフの魅力」
(2002.8.3-4)
#2 吉田文憲 レクチュア
「宮沢賢治再発見」
(2002.6.22)
#1 加須屋明子 レクチュア
「芸術と環境 ――とくに写真と身体とエコゾフィについて」
(2002.3.22)


icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 これまでのゲイダイ 】
- Past ICANOF Seminars -
第5回 八戸芸術大学 (2002-03「食間展」オープニング・レクチュア)
梅内美華子講演会
「写真と短歌のゼブラゾーン」
ZEBRAZONE BETWEEN VERSES AND PHOTOGRAPHS

2003年1月12日(日)午後3時 〜13日(月・祝)午後5時
天聖寺ホール(八戸市十六日町・木村書店隣り)
前売券(通し券) 一般2000円 こども・学生1000円
当日 一般2500円 こども・学生1500円

主催 市民アートサポートICANOF
協力 天聖寺

2003年1月12日から約40日間、八戸市美術館や中心街をエリアに、市民参加型の大規模な写真展が開催されます。それがICANOF「食間展」です。そのオープニング企画として、現代短歌界でもっとも期待される若手のひとり、八戸出身の歌人・梅内美華子さんをお招きしました。この企画の最大のテーマは、梅内さんによる講演だけでなく、ICANOFメンバー数人が梅内さんの短歌から触発されて、それぞれ写真創作に挑戦してみようというもの。とともに、食間展の出品写真の中から梅内さんに一点選んでもらい、一首、作歌して頂こうというもの。まさしく写真と短歌の交差点、異なる表現ジャンルが遭遇するゼブラゾーンなのです。

講師紹介
梅内美華子 UMENAI Mikako / Poet

1970年八戸市生まれ。八戸高校出身。同志社大学文学部卒。1988年「歌林(かりん)の会」入会。馬場あき子に師事。歌集に「横断歩道(ゼブラゾーン)」「若月祭(みかづきさい)」。
1991年「横断歩道」50首で、第37回角川短歌賞。2001年「若月祭」で、第1回現代短歌新人賞。
2001年より、テレビ「NHK歌壇」で、司会役を務める。現在も放映中。東奥日報「東奥文芸」歌壇選者。「あおもり春もみじコンテスト」短歌部門選考委員、同志社女子大学主催「SEITO百人一首」短歌コンクール選考委員。現代歌人協会、日本歌人クラブ、現代歌人集会会員。


スケジュール

<1月12日(日)開場午後3時> 入場券が必要です。半券で出入り自由です。
(1) PM3〜9 ICANOF写真展「食間の光景/食間の廃景」 キュレータ− 豊島重之(ICANOF)
”Distopia and Heterotopia Between Meals” by Photographs and Digital Images
出品:パク・ファヨン(ソウル)福山知佐子(東京)高橋寛子(八戸)濱道一枝(八戸)半田晴子(東京)
大久保一恵(八戸)吉田亨(東京)坂本静香(三戸)金沢理沙(五戸)舩水流(青森)苫米地真弓(八戸)
對馬大輔(三沢)田島千征(十和田)櫛引素夫(青森)佐々木邦吉(八戸)漆戸登(十和田)ほか

(2)PM6〜6:15 「ダンスと短歌のゼブラゾーン」梅内さんの二首から着想されたダンス二作を上演
・「空をゆく鳥の上には何がある 横断歩道(ゼブラゾーン)に立ち止まる夏」出演 四戸由香
・「声はかなし 小舟渡(こふなと)海岸の草むらにちぎれて落ちし海猫の嘴」
   出演 畑中優季 和井田千佳 平訳美佳 長谷川風立子 苫米地真弓 

(3)PM6:15〜7 梅内美華子講演「作歌の現場と身体性」

(4)PM7〜7:20 田中知佐好「書と短歌のゼブラゾーン」
今年度八戸市文化奨励賞受賞の書家田中知佐好(扇渓)さんが、梅内さん即詠の一首をその場で墨書する、いわば「書のライヴ」

(5)PM7:20〜9 ICANOF食間展オープニング・パーティ & サイン会

<1月13日(月=祝)開場正午> 入場券・半券にて出入り自由です。
(1)PM0〜5  ICANOF写真展「食間の光景/食間の廃景」 出品:同上

(2)PM1:30〜1:50 「ダンスと短歌のゼブラゾーン」
・「世界地図の歪み昏れゆく空に向き青きひねりを解くあやめたち」 出演 苫米地真弓
・「夕波は人の遊びを拭きとりて湿りたる縄返し置くのみ」 出演 豊島和子

(3)PM1:50〜2:50 梅内美華子講演「写真と短歌のゼブラゾーン」
ICANOFメンバーが、梅内さんの5〜6首をもとに制作した5〜6点の写真作品をめぐって、梅内さんからお話を頂きます。また、写真制作者たちとのトークセッションも行われます。

(4)PM2:50〜3:50 梅内美華子サイン会・打上げ会



Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved