HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

八戸芸術大学

#22 矢野静明 レクチュア
「ファン・ゴッホの絵画と生涯」
(2007.02.17)
#21 田島千征ダンス上演
「CORIOLIS II」
倉石信乃 レクチュア
「バタイユと写真/美術のアノマリー」 ほか
(2006.7.20)
#20 苫米地真弓ダンス映像+ダンス上演
「写真/ここになき、灰(FOTEU LA CENDRE) I・II」
鵜飼哲 レクチュア
「カルトポスタルとテレパシー (写真・郵便・デリダ)」
(2006.7.20)
#19 酒井健 レクチュア
「写真とバタイユ――聖なる映像について」
(2006.1.14)
#18 足立智美 パフォーマンス
「赤外線シャツ」
笹岡啓子 スライド・ショウ
「PARK CITY」 ほか
(2005.09.18)
#17 佐藤英和 作品上映
「CAN OF ICANOF」 ほか
(2005.09.17)
#16 中平卓馬 スライド・ショウ&トーク
(2005.04.09)
#15 吉増剛造 レクチュア
「詩と写真の地名をめぐって」
(2004,9.5)
#14 高梨豊 レクチュア
「『町』から『地名論』へ」
(2004.9.4)
#13 中ザワヒデキ リーディング・パフォーマンス
「アルファベット絵画の中ザワヒデキと朗読ダンス」
(2004.8.7)
#12 岡村民夫 レクチュア
「マルグリット・デュラスの映画」
(2004.3.21)
#11 楠本亜紀 レクチュア
「アンリ・カルティエ=ブレッソンの、逃げ去るイメージ」
(2004.3.20)
#10 八角聡仁 レクチュア
「風景にメス展をめぐって」
(2004.3.13)
#9 遠藤利克 レクチュア
「火のアートと水のアート」
(2004.2.15)
#8 しりあがり寿 レクチュア
「死と再生の物語/物語の死と再生」
(2003.10.18)
#7 南條史生 レクチュア
(スライドレクチュア on パブリックアート)
(2003.8.10)
#6 石内都 レクチュア
「記録と記憶、写真とジェンダー NYの女性たちは今なぜ黒を着るのか」
(2003.5.11)
#5 梅内美華子 レクチュア
「写真と短歌のゼブラゾーン」 ほか
(2003.1.12-3)
#4 ゲイダイ学園祭@わいぐ
豊島弘尚 講演「北の光に〜賢治の絵をめぐって〜」 ほか
(2002.9.22-3)
#3.5 夏期特別講座
ICANOF版しゃべり場 「だめでなんでだめやねん」
(2002.8.14)
#3 中嶋夏 レクチュア
「土方巽とマフマルバフの魅力」
(2002.8.3-4)
#2 吉田文憲 レクチュア
「宮沢賢治再発見」
(2002.6.22)
#1 加須屋明子 レクチュア
「芸術と環境 ――とくに写真と身体とエコゾフィについて」
(2002.3.22)


icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 これまでのゲイダイ 】
- Past ICANOF Seminars -
第9回 八戸芸術大学
遠藤利克 スライド・レクチュア
「火のアートと水のアート」

2004年2月15日(日)午後5時半〜7時15分
八戸市美術館
資料テキスト代として 2000円 (学生こども 1000円)

主催 市民アートサポートICANOF  共催協力 八戸市美術館
助成 文化庁「文化ボランティア推進モデル事業」
問合せ先 ICANOF事務局 高沢 090-2998-0224
  tel&fax 0178-45-9247
  mail: icanof@hi-net.ne.jp / mol@r66.7-dj.com
  031-0022 八戸市古常泉下14-18
2004年の今、私達の身の回りからは「火の恐怖」と「水の歓喜」が忘れ去られています。
しかし、「火と水のアニミズム」があって初めて、私達の祖先は是川中居を始めとする縄文世界を織り上げることができたはずです。
日本で唯一、「水と火のアニミズム」をテーマに国際的に活躍する現代美術家遠藤利克氏が、スライドプロジェクションを通して自作を語ります。

講師紹介
遠藤利克氏 近影 遠藤 利克 ENDOH Toshikatsu

1950年 岐阜県高山市生まれ。
1987年 「ドクメンタ8」(カッセル)招待出品。
1988年 「ヴェネツィア・ビエンナーレ アペルト」招待出品。
1989年 「ミデルハイム・ビエンナーレ」(アントワープ)招待出品。
1990年 「ヴェネツィア・ビエンナーレ」招待出品。
1991年 「構造と記憶/戸谷成雄・遠藤利克・剣持和夫」展(東京都美術館)
1994年 「サンパウロ・ビエンナーレ」招待出品。
2000年 「光州ビエンナーレ」(韓国)招待出品。「越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟)招待出品。
2003年 「WATER/アムステルダム水道公園ウォーキング・アート」招待出品。ほか多数。
著書:「エピタフ(墓碑銘)」(五柳書院)



Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved