HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

八戸芸術大学

#22 矢野静明 レクチュア
「ファン・ゴッホの絵画と生涯」
(2007.02.17)
#21 田島千征ダンス上演
「CORIOLIS II」
倉石信乃 レクチュア
「バタイユと写真/美術のアノマリー」 ほか
(2006.7.20)
#20 苫米地真弓ダンス映像+ダンス上演
「写真/ここになき、灰(FOTEU LA CENDRE) I・II」
鵜飼哲 レクチュア
「カルトポスタルとテレパシー (写真・郵便・デリダ)」
(2006.7.20)
#19 酒井健 レクチュア
「写真とバタイユ――聖なる映像について」
(2006.1.14)
#18 足立智美 パフォーマンス
「赤外線シャツ」
笹岡啓子 スライド・ショウ
「PARK CITY」 ほか
(2005.09.18)
#17 佐藤英和 作品上映
「CAN OF ICANOF」 ほか
(2005.09.17)
#16 中平卓馬 スライド・ショウ&トーク
(2005.04.09)
#15 吉増剛造 レクチュア
「詩と写真の地名をめぐって」
(2004,9.5)
#14 高梨豊 レクチュア
「『町』から『地名論』へ」
(2004.9.4)
#13 中ザワヒデキ リーディング・パフォーマンス
「アルファベット絵画の中ザワヒデキと朗読ダンス」
(2004.8.7)
#12 岡村民夫 レクチュア
「マルグリット・デュラスの映画」
(2004.3.21)
#11 楠本亜紀 レクチュア
「アンリ・カルティエ=ブレッソンの、逃げ去るイメージ」
(2004.3.20)
#10 八角聡仁 レクチュア
「風景にメス展をめぐって」
(2004.3.13)
#9 遠藤利克 レクチュア
「火のアートと水のアート」
(2004.2.15)
#8 しりあがり寿 レクチュア
「死と再生の物語/物語の死と再生」
(2003.10.18)
#7 南條史生 レクチュア
(スライドレクチュア on パブリックアート)
(2003.8.10)
#6 石内都 レクチュア
「記録と記憶、写真とジェンダー NYの女性たちは今なぜ黒を着るのか」
(2003.5.11)
#5 梅内美華子 レクチュア
「写真と短歌のゼブラゾーン」 ほか
(2003.1.12-3)
#4 ゲイダイ学園祭@わいぐ
豊島弘尚 講演「北の光に〜賢治の絵をめぐって〜」 ほか
(2002.9.22-3)
#3.5 夏期特別講座
ICANOF版しゃべり場 「だめでなんでだめやねん」
(2002.8.14)
#3 中嶋夏 レクチュア
「土方巽とマフマルバフの魅力」
(2002.8.3-4)
#2 吉田文憲 レクチュア
「宮沢賢治再発見」
(2002.6.22)
#1 加須屋明子 レクチュア
「芸術と環境 ――とくに写真と身体とエコゾフィについて」
(2002.3.22)


icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 これまでのゲイダイ 】
- Past ICANOF Seminars -
第15回  八戸芸術大学 (2004「風景の頭部展」特別プログラム)
吉増剛造 スライド・レクチュア

「詩と写真の地名をめぐって」

2004年9月5日(日) 午後1時30分〜2時50分
八戸市美術館 2Fギャラリー
受講実費として1000円 (「風景の頭部展」特別プログラムとの共通1日券)

主催 市民アートサポートICANOF   共催 八戸市美術館

 ●講師紹介
吉増剛造 YOSHIMASU Gozo

詩人・写真家・銅板画家
1939年東京生。
1998年 写真・銅板の個展「水邊(みずべ)の言語オブジェ」(川口現代美術館)。
2000年 フランスで写真展「パランプセストの庭」
詩集「黄金詩篇」(高見順賞)「熱風」(歴程賞)「オシリス、石ノ神」(現代詩花椿賞)「螺旋歌」(詩歌文学館賞)『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(芸術選奨文部大臣賞)ほか多数。
豊島重之ほかとの対談「燃えあがる映画小屋」、羽生善治との対談「盤上の海、詩の宇宙」など。
2001年 ICANOF第一回企画展「TIMELAG / RAGTIME展」ゲスト・アーティストとして来八。
2004年7月、一千行の詩と写真による「長篇詩 ごろごろ」(毎日新聞社)刊行。


第14回 八戸芸術大学 (2004「風景の頭部展」特別プログラム)
高梨豊 スライド・レクチュア

「『町』から『地名論』へ」

2004年9月4日(土) 午後4時30分〜5時50分
八戸市美術館 2Fギャラリー
受講実費として1000円 (「風景の頭部展」特別プログラムとの共通1日券)

主催 市民アートサポートICANOF   共催 八戸市美術館

 ●講師紹介
高梨豊 TAKANASHI Yutaka

写真家
1935年東京生。
1964年 第8回日本写真批評家協会新人賞 。
1967年 第5回パリ国際青年ビエンナーレ写真部門最高賞。
1984年、1993年 日本写真協会年度賞。
作品集「都市へ」「町」「初國」「地名論」ほか多数。
2004年9月、新刊写真集「NOSTALGHIA(ノスタルジア)」(平凡社刊)。

高梨豊「発言」
──だから(『地名論』の)あの写真の光ってのは、前の僕の写真の光と違うんですよ。わざと順光にしてるのね。つまり斜めとか逆とかっていうと、なんていうのかな、ちょっと気分がでるでしょ。それを全部叩き切っちゃおうと思ったわけです。写真集のキャッチフレーズも啖呵切ったみたいなんだけど、「ピーカン、順光、湿度なし」と。(『地名論』は)そういうやり口にしたんですよ。
──利き目が右眼なんですが、右眼と手先しか使ってないんです(『WINDSCAPE』という)この写真。それが関係ありそうですね。つまり迎えに行ってないわけです、撮る場所に。電車ん中で向こうからすっとんでくるやつを、こっちで撮るだけなんですね。(・・・)眼と手だけでしょ。だから「地べた」がないっていうか、(『WINDSCAPE』という)このシリーズは。
(03年11月photographers' gallery刊『我らの獲物は一滴の光』より抜粋)



Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved