HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

メディアアートショウ
(ICANOF企画展)
ICANOF Media Art Shows

#8 68-72*世界革命*展
ASTERISK
(2008.7.24-8.24)
#7 イスムス=地峡展
ISTHMUS
(2007.9.12-30)
#6 テロメリック展
TELOMERIC
(2006.4.2-12.3)
#5 メガネウラ展
MEGANEURA
(2005.9.17-10.2)
#4 風景の頭部展
SCALPLESS LLANDSSSCAPE
(2004.9.4-20)

#3 風景にメス展
LLANDSCAPE AND SCALPEL
(2004.3.13-28)
・TOP
・スケジュール&プログラム
・ゲスト紹介
・アクセス
・図録 "ICANOF Media Art Show 2004"

#2 食間展
DISTOPIA AND HETEROTOPIA BETWEEN MEALS
(2003.1.12-2.23)
#1 タイムラグ・ラグタイム展
TIMELAG/RAGTIME
(2001.9.21-30)

icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 ICANOF メディアアートショウ 】
- ICANOF Media Art Shows -

第3回 「風景にメス」展 2004年3月13日(土)〜28日(日)
ICANOF Media Art Show 2004
"LLANDSCAPE AND SCALPEL"
by Photographs and Digital Images


「風景にメス」展 ゲストアーティスト紹介
稲川方人氏 近影 稲川方人 INAGAWA Masato

詩人・編集者・映画監督。
1949年福島県生まれ。
1976年第一詩集『償われた者の伝記のために』刊行。ほかの詩集に『封印』『われらを生かしめる者はどこか』『アミとわたし』『2000光年のコノテーション』(1991・現代詩花椿賞受賞)『君の時代の貴重な作家が死んだ朝に君が書いた幼い詩の復習』(1997)。評論集に『反感装置』『彼方へのサボタージュ』がある。最新詩集に、「稲川方人全詩集 1967-2001」(2002・思潮社)。
70年代初めより8mm・16mmフィルム製作。
2001年9月 ICANOF「TIMELAG/RAGTIME展」(八戸市美術館)にて、自作の8mm映画『a transfer』上映。同展における吉増剛造氏との対話が、現代詩手帖2002年6月号「稲川方人特集号」に採録される。
ICANOF「食間の光景/食間の廃景展」(2003年2月)招待作家・福山知佐子を主演に、映画『たった8秒のこの世に、花を』クランクイン。2004年2月完成。
2004年3月 ICANOF「風景にメス展」招待作家として、同作上映のため、再来八。
太田省吾氏 近影 太田 省吾 OHTA Shogo

振付家・劇作・演出家。京都造形芸術大学教授。
1939年 中国済南市生まれ。学習院大学政治学部中退。
1970年〜88年 劇団「転形劇場」を主宰。
1977年 『小町風伝』で岸田戯曲賞を受賞。代表作『水の駅』は国内外で200回の上演を重ねる。その後『地の駅』『風の駅』と駅三部作などの劇作演出。
1984年 紀伊國屋演劇賞団体賞受賞。
1988年 転形劇場を解散。その後は、藤沢市湘南台文化センター市民シアター芸術監督、近畿大学教授を歴任し、その間にも『風の駅』、『更地』、『砂の駅』などを国内外で上演。
1993年 タシュケント国際演劇祭 グランプリ受賞。
2002年  『↑ヤジルシ─誘われて』(新国立劇場)。
2004年 1月 『だれか、来る』(世田谷パブリックシアター)
3月、ICANOF第3企画展「風景にメス展」ゲストアーティストとして、来八。
著書に、戯曲「小町風伝」「裸足のフーガ」「夏/光/家」、演劇論集「舞台の水」「劇の希望」「動詞の陰影」など多数。
遠藤利克氏 近影 遠藤 利克 ENDOH Toshikatsu

美術家。
1950年 岐阜県高山市に生まれる。
1972年 名古屋造形芸術短期大学彫刻科卒業。埼玉県所沢市在住。
1986年 「第6回インドトリエンナーレ 」招待出品。
1987年 「ドクメンタ8」(カッセル)招待出品。
1988年 「第43回ヴェネツィア・ビエンナーレ アペルト」招待出品。
1989年 「第20回ミデルハイム・ビエンナーレ(ユーロパリア'89ジャパン)」(アントワープ)招待出品。「Endo Toshikatsu展」(北欧5カ国巡回)。
1990年 「第44回ヴェネツィア・ビエンナーレ」招待出品。
1991年 「構造と記憶|戸谷成雄・遠藤利克・剣持和夫」展(東京都美術館)
1993年 「ディフェラント・ナチュール展」(フランス、スペインを巡回)招待出品。 「インヴィジブル・ネイチャー展」(プラハほかハンガリー、ドイツ巡回)招待出品。
1994年 「戦後日本の前衛美術」(横浜美術館、サンフランシスコ近代美術館)招待出品。
「第22回サンパウロ・ビエンナーレ」招待出品。
1999年 「森に生きるかたち」(箱根彫刻の森美術館)招待出品。
2000年 「第3回光州ビエンナーレ」(韓国)招待出品。「越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟)招待出品。
2003年 「WATER/アムステルダム水道公園ウォーキング・アート」招待出品。
2004年2月、ICANOF第9回八戸芸術大学講座「火のアートと水のアート」講師として来八。
3月、ICANOF第3企画展「風景にメス展」ゲストアーティストとして、再来八。
著書:「エピタフ(墓碑銘)」(五柳書院)
石内都氏 近影 石内 都 ISHIUCHI Miyako

写真家。
1947年 群馬県生まれ、横須賀育ち。多摩美大デザイン科中退。
1977年 初の個展。第2写真集「アパートメント」で女性初の木村伊兵衛賞受賞。
1994年 それまでの街頭風景や建築の写真から、身体へと被写体を移す。「爪」「SCARS」「MOTHER’S」シリーズを発表。
2003年5月11日 ICANOF八戸芸術大学講師として来八。
2003年12月から2004年3月まで「絶唱・横須賀ストーリー」を横浜美術館にてコレクション展。
2004年3月 ICANOF第3回企画展「風景にメス」展(八戸市美術館)ゲストアーティストとして再来八。
北島敬三氏 近影 北島敬三 KITAJIMA Keizo

写真家。
1954年 長野県生まれ。東京都在住。
1983年 写真集『ニューヨーク』にて、第8回木村伊兵衞賞受賞
1992年より「PORTRAITS」の撮影を始める。
2000年 個展「PORTRAITS」(ヨコハマポートサイドギャラリー)。
2001年 「photographers' gallery」を立ち上げる。
2002年 個展「PLACES」(photographers' gallery)。
2003年 写真集『PORTRAITS + PLACES』出版。
2004年1月 東京都現代美術館企画展「私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか」。
3月 ICANOF第3企画展「風景にメス展」にゲスト・アーティストとして来八。



「風景にメス」展 ゲストレクチャラー紹介
楠本亜紀氏 近影 楠本亜紀 KUSUMOTO Aki

1972年 和歌山県生まれ。
東京大学総合文化研究科博士課程中退。表象文化論専攻。川崎市岡本太郎美術館学芸員。
1999年 第6回重森弘淹写真評論賞受賞。
主な展覧会に「日本発見 岡本太郎と戦後写真」(2001年)。「肉体のシュルレアリスム 舞踏家土方巽抄」(2003年)。著書に『逃げ去るイメージ アンリ・カルティエ=ブレッソン』(スカイドア、2000年)。
竹内万里子 TAKEUCHI Mariko

1972年 東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。
1990年代末より写真評論を開始。「アサヒカメラ」や「流行通信」に連載のほか、国内外の雑誌や書籍に寄稿。写真展の企画制作にも携わる。
主な論文に「ロラン・バルトと写真=芸術の問題──「論考」と『明るい部屋』」(「早稲田大学大学院文学研究科紀要」第45輯に概要掲載)、「ベルナール・フォコンとロラン・バルト」(「國文学」1999年8月号)など。
現在、日本写真学園非常勤講師。
八角 聡仁 YASUMI Akihito

1963年生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。
現在、京都造形芸術大学映像舞台芸術学科助教授。
雑誌編集者を経て、90年より批評家として活動。映像、写真、演劇、美術などの分野について幅広く執筆するかたわら、95年より季刊写真誌『デジャ=ヴュ』及び写真批評誌『デジャ=ヴュ・ビス』(ともに フォトプラネット刊、現在休刊中)編集長を務める。
編著に「荒木経推の写真術」(発売=河出書房新社)など、ほか論稿多数。
2001年9月 「TIMELAG / RAGTIME展」に講師として来八。
2004年3月 「風景にメス展」講師として、再来八。
岡村民夫 OKAMURA Tamio

1961年  横浜生まれ。東京都在住。立教大学文学部フランス文学科卒業。
現在、法政大学教授。表象文化論、フランス現代思想。
共著に『「注文の多い料理店」考』(五柳書院)『スイスの歴史と文化』(刀水書房)『映画批評のリテラシー』『映画史を学ぶクリティカル・ワーズ』(以上フィルムアート社)ほか、ゴダールやソシュール、ニーチェ論など論稿多数。最新の訳書に「デュラス、映画を語る」(03年みすず書房)
2001年9月 「TIMELAG / RAGTIME展」に講師として来八。
2004年3月 「風景にメス展」講師として、再来八。
暮沢剛巳 KURESAWA Takemi

美術批評家。
1966年生まれ。東京都在住。武蔵野美術大学、女子美術大学短期大学部非常勤講師(04年4月より)。
他に建築、デザイン関係の批評や翻訳なども行う。
著書に『美術館はどこへ』『現代美術を知るクリティカルワーズ』(編著)、訳書に『実践カルチュラル・スタディーズ』『ドゥルーズの哲学』(共訳)『パステルカラーの罠』(近刊)など。『スーパー・ニッポニカ』『知恵蔵』など事典類にも執筆。現在「AXIS」「Amazon」などで連載を持つ。



Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved