HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

メディアアートショウ
(ICANOF企画展)
ICANOF Media Art Shows

#8 68-72*世界革命*展
ASTERISK
(2008.7.24-8.24)
#7 イスムス=地峡展
ISTHMUS
(2007.9.12-30)
#6 テロメリック展
TELOMERIC
(2006.4.2-12.3)
#5 メガネウラ展
MEGANEURA
(2005.9.17-10.2)

#4 風景の頭部展
SCALPLESS LLANDSSSCAPE
(2004.9.4-9.20)
・TOP
・スケジュール&プログラム
 >> オープニング・ワークショップ
 >> ドローイング・ライヴ
 >> オープニング・パーティ
・ゲスト紹介
・アクセス
・図録 "ICANOF Media Art Show 2004"

#3 風景にメス展
LLANDSCAPE AND SCALPEL
(2004.3.13-28)
#2 食間展
DISTOPIA AND HETEROTOPIA BETWEEN MEALS
(2003.1.12-2.23)
#1 タイムラグ・ラグタイム展
TIMELAG/RAGTIME
(2001.9.21-30)


icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 ICANOF メディアアートショウ 】
- ICANOF Media Art Shows -

第4回 「風景の頭部」展 2004年9月4日(土)〜20日(月・祝)
ICANOF Media Art Show 2004 Summer
"SCALPLESS LLANDSSSCAPE"
by Photographs and Digital Images


「風景の頭部」展 ゲストアーティスト紹介
中ザワヒデキ NAKAZAWA Hideki

美術家
1963年新潟県生。千葉大学医学部卒。眼科医。
1995年 マルチメディアグランプリアーティスト賞。インターナショナルデジタルメディア・アワーズベストCD-ROM賞。
2004年 東京都現代美術館企画展「私はどこからきたのか/そしてどこへ行くのか」。
著書/「近代美術史テキスト」(1989年トムズボックス)「西洋画人列伝」(2001年NTT出版)「現代美術史日本篇」(アロアロインターナショナル)
しりあがり 寿 SHIRIAGARI Kotobuki

漫画家
1958年静岡市生。多摩美術大学卒。
2000年 「時事おやじ2000」「ゆるゆるおやじ」にて第四十六回文芸春秋漫画賞受賞。
2001年 「弥次喜多in DEEP」にて第五回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞受賞。
2002年 朝日新聞に4コマ漫画「地球防衛家のヒトビト」を2004年現在、連載中。
2003年10月 ICANOF八戸芸術大学「死と再生の物語/物語の死と再生」講師として来八。
河井克夫 KAWAI Katsuo

漫画家
1969年愛知県生。立教大学卒業。
宮藤官九郎、松尾スズキらと大人計画公演などに出演。
1998年 個展「信貴山縁起絵巻」開催(渋谷ARTWADS)。
2003年10月 ICANOF八芸大のしりあがり寿講演会に同行して来八。
著書:「ブレーメン」「女の生きかたシリーズ」「読んだはしからすぐ腐る!」(松尾スズキ共著)など。



「風景の頭部」展 ゲストレクチャラー紹介
高梨豊 TAKANASHI Yutaka

写真家
1935年東京生。
1964年 第8回日本写真批評家協会新人賞 。
1967年 第5回パリ国際青年ビエンナーレ写真部門最高賞。
1984年、1993年 日本写真協会年度賞。
作品集「都市へ」「町」「初國」「地名論」ほか多数。
2004年9月、新刊写真集「NOSTALGHIA(ノスタルジア)」(平凡社刊)。
吉増剛造 YOSHIMASU Gozo

詩人・写真家・銅板画家
1939年東京生。
1998年 写真・銅板の個展「水邊(みずべ)の言語オブジェ」(川口現代美術館)。
2000年 フランスで写真展「パランプセストの庭」
詩集「黄金詩篇」(高見順賞)「熱風」(歴程賞)「オシリス、石ノ神」(現代詩花椿賞)「螺旋歌」(詩歌文学館賞)『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』(芸術選奨文部大臣賞)ほか多数。
豊島重之ほかとの対談「燃えあがる映画小屋」、羽生善治との対談「盤上の海、詩の宇宙」など。
2001年 ICANOF第一回企画展「TIMELAG / RAGTIME展」ゲスト・アーティストとして来八。
2004年7月、一千行の詩と写真による「長篇詩 ごろごろ」(毎日新聞社)刊行。
浜田剛爾 HAMADA Goji

美術家
1944年青森県生。東京芸術大学彫刻科卒業。
近年は再びコンセプチュアルな表現に回帰しつつ、パフォーマンスのみならず現代美術の〈停滞〉と〈延期〉をテーマにパフォーマンスの領域を拡大しつつある。
現在、国際芸術センター青森館長。他に展覧会、国際展のプロデュースも手掛ける。
著作「Bee Honey Honeycomb」など。
北島敬三 KITAJIMA Keizo

写真家
1954年長野県生。
1983年 写真集『ニューヨーク』にて、第8回木村伊兵衞賞受賞
2004年 東京都現代美術館企画展「私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか」。
  3月、ICANOF第3企画展「風景にメス展」にゲスト・アーティストとして出品。
土屋誠一 TSUCHIYA Seiichi

美術批評家
1975年生。多摩美術大学大学院卒。
論文に「平面、反復、差異 アンディ・ウォーホルの二面性をめぐる、モダニズム絵画の試論」、「失くしたものの在処をめぐって 斎藤義重、一九七三年、再制作」ほか多数。



Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved.