HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

メディアアートショウ
(ICANOF企画展)
ICANOF Media Art Shows

#8 68-72*世界革命*展
ASTERISK
(2008.7.24-8.24)
#7 イスムス=地峡展
ISTHMUS
(2007.9.12-30)
#6 テロメリック展
TELOMERIC
(2006.4.2-12.3)

#5 メガネウラ展
MEGANEURA
(2005.9.17-10.2)
・TOP
・スケジュール&プログラム
・ゲスト紹介
・アクセス
#4 風景の頭部展
SCALPLESS LLANDSSSCAPE
(2004.9.4-9.20)
#3 風景にメス展
LLANDSCAPE AND SCALPEL
(2004.3.13-28)
#2 食間展
DISTOPIA AND HETEROTOPIA BETWEEN MEALS
(2003.1.12-2.23)
#1 タイムラグ・ラグタイム展
TIMELAG/RAGTIME
(2001.9.21-30)


icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 ICANOF メディアアートショウ 】
- ICANOF Media Art Shows -

第5回 「メガネウラ」展 2005年9月17日(土)〜10月2日(日)
ICANOF Media Art Show 2005
"MEGANEURA" by Photographs and Digital Images


「メガネウラ」展 ゲストアーティスト
中平卓馬

中平卓馬 NAKAHIRA Takuma

写真家。横浜在住。03年個展「中平卓馬 原点復帰-横浜」(横浜美術館)。04年個展「なぜ、他ならぬ人間=動物図鑑か」(シュウゴアーツ)。写真集「来たるべき言葉のために」ほか多数。05年4月ICANOF八戸芸大スライドショウ(八戸市美術館)。
05年9月ICANOF「メガネウラ」展に、八戸撮影の26点を含む新作40点出品(2Fギャラリー)。常設スライドショウあり。
足立智美

足立智美 ADACHI Tomomi

パフォーマー・作曲家・音響詩の演奏家・映像インスタレーション作家。東京在住。04〜05年ドルトムントで滞在制作。05年7月モレキュラー「NOWOH ON」公演(国際交流基金フォーラム)に出演。
05年9月ICANOF「メガネウラ」展でパフォーマンス(2Fギャラリー)。
高梨豊

高梨豊 TAKANASHI Yutaka

写真家。東京在住。個展多数。写真集「地名論」(00年)「NOSTALGHIA」(04年)ほか多数。パリ国際青年ビエンナーレ写真大賞。04年9月ICANOF「風景の頭部展」でスライドショウ(八戸市美術館)。
05年9月ICANOF「メガネウラ」展に大型新作3点ほか14点出品(3Fギャラリー)。
笹岡啓子

笹岡啓子 SASAOKA Keiko

写真家。東京在住。04年個展「PARK CITY」(photographers’ gallery)。写真集「PARK CITY」「観光 KANKO」(04年)。韓国・ハンブルグ・沖縄・熊本・横浜などでグループ展多数。
05年9月18日ICANOF「メガネウラ」展で「PARK CITY」スライドショウ(2Fギャラリー)。
森山大道

森山大道 MORIYAMA Daido

写真家。東京在住。03年「森山大道 光の狩人」巡回展(島根県立美術館、釧路芸術館、川崎市民ミュージアム)。パリ・カルティエ財団現代美術館にて個展。写真集「新宿」(02年)で毎日芸術賞。荒木経惟との「新宿」二人展(04年)ほか多数。
05年9月ICANOF「メガネウラ」展に23点写真出品(1Fギャラリー)。
佐藤英和

佐藤英和 SATOH Hidekazu

映像ディレクター。東京在住。98年11月、瀬戸内海・佐木島での「モレキュラー演劇ワークショップ」に同行し、ドキュメンテーション上映。05年7月「BECKETT IMMINENCE」上映。
05年9月「メガネウラ展」にて上映する「CAN OF ICANOF」(2Fギャ ラリー)は、01年9月ICANOF第一回展から05年9月第五回展までを6年ごしで取材・編集するワークインプログレス作品。

「メガネウラ」展 ゲスト講師
八角聡仁

八角聡仁 YASUMI Akihito

写真批評家・演劇批評家。京都造形芸大教授。
編著に「荒木経推の写真術」(河出書房新社)「現代写真のリアリティ」(角川書店)
ほか論稿多数。01年ICANOF「TIMELAG / RAGTIME展」04年3月「風景にメス展」講師
(八戸市美術館)。
前田恭二

前田恭二 MAEDA Kyoji

読売新聞社記者。
著書に「やさしく読み解く日本絵画 雪舟から広重まで」(新潮社)。
photographers’ gallery のウェブサイトに、01年から「papery」を寄稿。
ICANOF展は初参加。
暮沢剛巳

暮沢剛巳 KURESAWA Takemi

美術批評家。美術、建築、写真などの批評や翻訳を手がける。
著書に「美術館はどこへ」(廣済堂出版)『「風景」という虚構』(ブリュッケ)ほか。
04年3月ICANOF「風景にメス展」講師(八戸市美術館)。


Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved.