おかげさまで「八戸にまつわるエトセトラ」が始まって五年が経ちました。
五年でネット環境も変わり、八戸に関するホームページもだいぶ増え、私もそのうちのいくつかを手がけることが出来ました。 写真なんて無かったエトセトラも、デジカメを購入して一気に写真が増え、CGI、音、Flash、最近では某所で動画もやらせて貰っています。
 毎年、毎月イベントは行われているが、結局新幹線が来る年まで目立った変化の無かった街中。道路歩道整備しか間に合わなかった駅前。そこそこの情報量は散漫になり、観光客にも市民にも伝わっていない。 ここ何ヶ月か、まともにこのページの更新をしていない私が、一丁前に初心に戻り何をすべきか考えた。
「そうだ自分の足で、この八戸を歩いてみよう。カメラに頼らず、自分の目で見て、耳で聞いて文章にしてみよう。」
私は物書きではないが、今まで新聞ネタやイベントのパンフを箇条書きにして作っていた物とは、別な物が出来るに違いない。
 観光客の視点で書けるわけでもないし、八戸の歴史に詳しいわけでもない。
しかし、その文章を読んで八戸を知っている人は、ほくそ笑み。八戸を知らない人は、想像してもらえると嬉しい限りである。
と、本文も書かないうちから大層な「序」である。

戻る