障害児入所施設うみねこ学園
障害児入所施設うみねこ学園
 児童福祉法及び障害者自立支援法に基づいて、知的発達に障害のある子ども
たちを受け入れ、児童の能力や特性を最大限に発揮できるよう援助し、生活能力
や社会適応能力の向上を図ることを目的としています。
(1) 児童一人ひとりの人格及び尊厳の尊重を基本理念とし、児童の能力や特
   性を最大限に発揮できるよう、社会適応能力の向上や地域生活への参加促
   進に努めます。


(2) 隣接する障害者支援施設「いちい寮」との連携を図り、業務を円滑に推進
   するとともに、地域に開かれた施設として、地域福祉の増進に寄与します。
昭和41年 8月 1日  開園                    定員 50名
昭和49年 4月 1日  増設                    定員100名
昭和55年 4月 1日  定員数減                 定員 80名
平成 5年 3月31日  一部改築
平成18年 3月31日  食堂改築
                ボイラー室増築
平成20年 4月 1日  八戸市より施設移譲をうける
平成24年 4月 1日  定員数減                 定員 70名
                                   うち 障害児 60名
                                       障害者 10名

平成26年 4月 1日  特定相談支援事業・児童相談支援事業開始
平成27年 4月 1日  定員数減                 定員 60名(内訳なし)
                                

施設での生活

最近のできごと

1、施設の目的

トップページへ