Hi-net 迷惑メール対策ページ

迷惑メールに対する Hi-net の取り組み

Message Submission Port(送信者認証機能付きメール送信専用の587番ポート)の提供開始

メール送信を受け付ける専用のポート(サブミッションポート)と 送信者認証機能(SMTP認証)のご提供を開始いたしました。今後の業界標準規格となりますので、お客様側のメールソフト設定を、順次切り替えていただく必要がございます。

【詳細ページ】メール送信時におけるサブミッションポート(ポート587)と送信者認証機能(SMTP認証)のご提供につきまして

【マニュアル】メールソフトの設定変更手順(ポート587/SMTP認証)


Outbound Port25 Blocking(25番ポートによる送信メール流量制限)

Message Submission Port が普及する1〜3年の猶予期間と並行して、25番ポートによるメール送信の流量制限を行います。2006年03月末から開始しますが、25番ポートによるメール送信を完全に遮断するのではなく、大量メール送信者に対する流量制限を行います。猶予期間後、25番ポートによるメール送信は 完全に閉じられますので、それより前に移行する必要があります。国内のインターネット業界全体で協力して 推進していきます。


送信ドメイン認証技術 SPFv1(Sender Policy Framework)への対応

メール送信が行われた場合に、本当に差出人メールアドレスに記述されたネットワークから送信されたものであるかをチェックする送信ドメイン認証技術 SPFv1を導入。Hi-netネットワークからのメール送信である事を認証できるようにしました。なお、外部からHi-netへの受信メールの認証につきましては、今後、業界と足並みを揃えて導入してまいります。


Copyright (C) Hi-net INC. All rights reserved.