HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

八戸芸術大学

#22 矢野静明 レクチュア
「ファン・ゴッホの絵画と生涯」
(2007.02.17)
#21 田島千征ダンス上演
「CORIOLIS II」
倉石信乃 レクチュア
「バタイユと写真/美術のアノマリー」 ほか
(2006.7.20)
#20 苫米地真弓ダンス映像+ダンス上演
「写真/ここになき、灰(FOTEU LA CENDRE) I・II」
鵜飼哲 レクチュア
「カルトポスタルとテレパシー (写真・郵便・デリダ)」
(2006.7.20)
#19 酒井健 レクチュア
「写真とバタイユ――聖なる映像について」
(2006.1.14)
#18 足立智美 パフォーマンス
「赤外線シャツ」
笹岡啓子 スライド・ショウ
「PARK CITY」 ほか
(2005.09.18)
#17 佐藤英和 作品上映
「CAN OF ICANOF」 ほか
(2005.09.17)
#16 中平卓馬 スライド・ショウ&トーク
(2005.04.09)
#15 吉増剛造 レクチュア
「詩と写真の地名をめぐって」
(2004,9.5)
#14 高梨豊 レクチュア
「『町』から『地名論』へ」
(2004.9.4)
#13 中ザワヒデキ リーディング・パフォーマンス
「アルファベット絵画の中ザワヒデキと朗読ダンス」
(2004.8.7)
#12 岡村民夫 レクチュア
「マルグリット・デュラスの映画」
(2004.3.21)
#11 楠本亜紀 レクチュア
「アンリ・カルティエ=ブレッソンの、逃げ去るイメージ」
(2004.3.20)
#10 八角聡仁 レクチュア
「風景にメス展をめぐって」
(2004.3.13)
#9 遠藤利克 レクチュア
「火のアートと水のアート」
(2004.2.15)
#8 しりあがり寿 レクチュア
「死と再生の物語/物語の死と再生」
(2003.10.18)
#7 南條史生 レクチュア
(スライドレクチュア on パブリックアート)
(2003.8.10)
#6 石内都 レクチュア
「記録と記憶、写真とジェンダー NYの女性たちは今なぜ黒を着るのか」
(2003.5.11)
#5 梅内美華子 レクチュア
「写真と短歌のゼブラゾーン」 ほか
(2003.1.12-3)
#4 ゲイダイ学園祭@わいぐ
豊島弘尚 講演「北の光に〜賢治の絵をめぐって〜」 ほか
(2002.9.22-3)
#3.5 夏期特別講座
ICANOF版しゃべり場 「だめでなんでだめやねん」
(2002.8.14)
#3 中嶋夏 レクチュア
「土方巽とマフマルバフの魅力」
(2002.8.3-4)
#2 吉田文憲 レクチュア
「宮沢賢治再発見」
(2002.6.22)
#1 加須屋明子 レクチュア
「芸術と環境 ――とくに写真と身体とエコゾフィについて」
(2002.3.22)


icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 これまでのゲイダイ 】
- Past ICANOF Seminars -
第2回 八戸芸術大学 (c/w プレ食間展#1)
吉田文憲 講演会
「宮沢賢治再発見」

2002年6月22日(土)3〜9pm
天聖寺ホール(八戸市十六日町・木村書店隣り)
一般 2500円  学生・こども 1500円
(ワイン・ドリンク付き。マチネ・ソワレ通し。どちらか一方だけでも同じ料金です)

主催 市民アートサポートICANOF
協力 天聖寺

2000年12月発足の市民アートサポートICANOFの狙いは、「アートが市民をつくり、市民がアートをつくる」というインタラクティヴな「総合学習の場」を立ち上げることです。2001年9月の「タイムラグ・ラグタイム展」と「図録」発刊も、そういう場の一つでした。2002年3月22日、「八戸芸術大学」がスタートしました。講師に国立国際美術館(大阪)の加須屋明子さんを迎えて、「芸術と環境」をテーマに活発なディスカッションが行われ、まさしく「総合学習の場」が実現したと思います。来たる6月22日、第二回「八戸芸術大学」が、下記プランのもとに開催されることになりました。多くの市民の方々の御参加をお待ちしております。

第二回「八戸芸術大学」の三本柱
(1) レクチュアとトーク・セッション『宮沢賢治再発見』/講師に詩人・早大教授の吉田文憲氏をお招きし、マチネ・ソワレの二回、連続集中講座となります。
(2) ICANOFメンバーによる写真展『プレ食間展♯1』/レクチュアが行われるホールとロビーの壁面ぜんぶを、多彩な写真作品で埋め尽くす試み。一日限りの、しかも6時間だけの、なんともゼータクな写真展です。
(3) ポエム・パフォーマンス『眼にて云う』上演/宮沢賢治の同名詩篇に基づく舞台化。ICANOFに対する青森県舞台芸術公演支援事業『ITADORI(イタドリ)』公演のためのワークショップ中間報告です。

講師紹介

吉田文憲 YOSHIDA Fuminori

詩人・早稲田大学文学部教授。 1947年秋田県比内町生まれ。早稲田大学文学部卒。東京在住。
詩集に『花輪線へ』(1981 砂子屋書房)、『人の日』(1985)、『遭難』(1988)、『移動する夜』(1995)、『現代詩文庫吉田文憲詩集』(1991 以上、思潮社)、試論集に『さみなしにあわれの構造』(1991 思潮社)、赤坂憲雄との共編著『「注文の多い料理店」考』(1995 五柳書院)など。近年、精力的に宮沢賢治研究に取り組んでいる。また、2001年には最新詩集『原子野』(砂子屋書房)で、第43回晩翠賞受賞。

プログラム

(1) マチネ=第一講座「宮沢賢治再発見/いま、賢治のどこをどう読むか」
6月22日土)開場3pm/レクチュア3:30〜4:20pm/質疑応答4:20〜5pm  司会 三浦文恵
宮沢賢治とは一体何者なのか。東北の一農民詩人なのか、それとも世界文学の極北の一人なのか。「デクノボー」とは、「もうにんげんの壊れるとき」とは何をさすのか。賢治の童話・詩・歌・宇宙観に秘められた壮大な「謎」が、いま、吉田文憲氏によって解き明かされていく。 (5〜6pm:夕食休憩/出入り自由)

(2) ソワレ=第二講座「宮沢賢治と吉増剛造への旅」
6月22日(土)開場6pm/上演6:15〜6:30pm/
             レクチュア6:30〜7pm/トーク・セッション7〜8pm/パーティ8〜9pm
賢治の詩篇に基づくポエム・パフォーマンス『眼にて云う』上演
                  (構成演出/豊島重之・音楽/山内雅一・出演/金沢理沙ほか)
吉田文憲レクチュア:世界的な現代詩人の一人である吉増剛造の詩的実験の旅と、「青森挽歌」における賢治の北方紀行とがクロスする場所とはどこなのか・・・・。
トーク・セッション:出席 吉田文憲氏・棟方昌龍氏(天聖寺住職)・中川真平氏(賢治研究家)
            司会 豊島重之


「プレ食間展#1」出品者・急募

(1) ICANOFでは、2003年2月に八戸市美術館ほか市内各スペースにて、大規模な写真展を行います。市民参加型の「開放系」写真展です。今回の「プレ食間展#1」は、それを市民にアピールし、新たな出品者を掘り起こしたいという意図で設定されました。
(2) 写真応募規定/・テーマは「食と食の間に何を思ったか/食と食の間に何が起きたのか」です。つまりジャンル不問。しかし、この「食間」というテーマがあることによって、撮影者と鑑賞者、その双方に何かしら潜在的な創造性をかきたてずにはおかないはずです。・半切・10点を目安に応募のこと。これに準ずる応募も可。(つまり四切や六切で10点以上でも、半切や全紙で5点以下でも可。)・白黒・カラー、パネル張り・インスタレーションなど展示方法も自由。・搬入は22日(土)10am〜1pm、搬出は同日9〜10pm。
(3) 現時点での出品予定者/船水流・吉田亨・山内雅一・対馬大輔・山田孝太郎・菅原智光、漆戸登ほか
出品者急募!




Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved