HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

メディアアートショウ
(ICANOF企画展)
ICANOF Media Art Shows

#8 68-72*世界革命*展
ASTERISK
(2008.7.24-8.24)
#7 イスムス=地峡展
ISTHMUS
(2007.9.12-30)

#6 テロメリック展
TELOMERIC
(2006.4.1-12.3)
・TOP
・TELOMERIC vol. 1
・TELOMERIC vol. 2
・TELOMERIC vol. 3
・TELOMERIC vol. 4
・「カルト・ポスタル」計画
・Telomeric T-shirts
#5 メガネウラ展
MEGANEURA
(2005.9.17-10.2)
#4 風景の頭部展
SCALPLESS LLANDSSSCAPE
(2004.9.4-20)
#3 風景にメス展
LLANDSCAPE AND SCALPEL
(2004.3.13-28)
#2 食間展
DISTOPIA AND HETEROTOPIA BETWEEN MEALS
(2003.1.12-2.23)
#1 タイムラグ・ラグタイム展
TIMELAG/RAGTIME
(2001.9.21-30)


icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 ICANOF メディアアートショウ 】
- ICANOF Media Art Shows -

第6回 『テロメリック TELOMERIC 』展 
ICANOF Media Art Show 2006 "TELOMERIC"
by Photographs and Digital Images


「カルト・ポスタル=絵葉書」計画とは?

 本展と同時進行するこの計画には、公募(下記参照)により一般市民、誰でもが参加できる。
 絵葉書は毎週1回、国内外に500通、連続的に約10ヶ月間送り続けられる。その「切手つき消印付き」の絵葉書も本展に展示する。即ち日付の交換不可能性と宛先の固有名が装填された写真の「物質性」を「バタイユ=交戦」状態においてみよう、という実験。ノン(名)とノンブル(数)の特異性が消印されてもなお写真は「残余」たりうるか、という問いの地平。最終的には1セット46枚(予定)の風変わりな写真集「テロメリックBOX」として販売したい。




001

002

003

004

005

006

007

008

009

010

011

012

013

014

015

016

017

018

pg1

019

020

021

022

023

pg2

024

025

026

027

028

029

030

031

032

033

034

035

036

037

038

039

040

041

042

043
ICANOF「テロメリックBOX」
Boite de 46+4 Cartes Postales/TELOMERICs 001 - 048
[yet to be completed]
thanks to:
石垣 克子 ISHIGAKI Katsuko (031)
岩田 雅一 IWATA Masakazu (013)
王子 直紀 OJI Naoki (027・038)
大友 真志 OTOMO Masashi (035)
小倉 俊一 OGURA Shun'ichi (022)
柏瀬 八峰 KASHIWASE Yatsumine (024)
片山 康夫 KATAYAMA Yasuo (012・021・026)
北島 敬三 KITAJIMA Keizo (039)
櫛引 素夫 KUSHIBIKI Moto'o (004・009・029)
笹岡 啓子 SASAOKA Keiko (036)
佐々木 邦吉 SASAKI Kuniyoshi (046・047)
佐々木 遊 SASAKI Yu (015)
佐藤 安津子 SATO Astuko (011・020・028)
高沢 利栄 TAKASAWA Toshie (032・033)
高村 智子 TAKAMURA Tomoko (007・019)
高屋敷 明子 TAKAYASHIKI Akiko (017)
對馬 大輔 TSUSHIMA Daisuke (041・043)
西村 康 NISHIMURA Yasushi (008・037)
花田 悟美 HANADA Satomi (002・006・014・044)
花田 喜隆 HANADA Yoshitaka (001・003・048)
花田 隆之介 HANADA Ryunosuke (042)
半田 晴子 HANDA Haruko (005・023・040)
舩水 流 FUNAMIZU Nagaru (010)
本山 周平 MOTOYAMA Shuhei (018・030・034)
山本 貴士 YAMAMOTO Takashi (016)
吉田 亨 YOSHIDA Tohru (030・045)
米内 安芸 YONAI Aki (025・029)
(+2 extra cards from photographers' gallery)

044

045

046

047

048
.
.
.
and more to come


新宿に八戸と那覇が、八戸に那覇と新宿が相互乗り入れ/代入/置換/複層化することによって、場所性を消去/散逸させることができるか。言い換えれば「写真を地名化できるか」。これが「テロメリック展」のテーマです。そのために外部に開かれたメディアとして、美術展の中心に「カルト・ポスタル=絵葉書」を導入します。本展に足を運ばなくても、毎週、作品のほうからアナタの許へと赴くことになります。

八戸市美術館と新宿photographers’ galleryと那覇の前島アートセンターで四度に渡って開催されるICANOF展は、どれもが等しく強度をもつ「Vol.1-2-3-4」という「全体で一つの大きな美術展=約10ヶ月に渡って行われる壮大な実験」と看做すことができます。そのことによって八戸・那覇=地方、東京=中心といった二分法的な場所性は消去されることになるでしょう。


カルト・ポスタル第2期・エントリー募集中!!

・この絵葉書計画には誰でも参加できます。これはという「イメージ」をぜひエントリー下さい。
(内容は写真に限りません。ダイイング・メッセージめいた手書きの文字の羅列でも、マスメディアなどからピックアップしたランダム・イメージなどでも可)
・メールデータでも、プリントでもOKです。
・絵葉書は官製サイズで1000部印刷、北海道から沖縄まで、海外にも郵送されます。「消印付き」の作品として美術館にも展示され、最終的に46通函入りの写真集として完成、という長期スパンの構想。
・採用された場合、1回につき、印刷郵送経費の5分の1に相当する1万円をご負担いただきます。

エントリー希望の方は、ICANOF事務局(090-2998-0224:高沢 / icanof@hi-net.ne.jp)までご一報下さい。


Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved.