HOME
EXHIBITION
GEIDAI
EVENT
ARCHIVE
PUBLICATION BBS
LINK













                                                                     


HOME/新着情報
メディアアートショウ
八戸芸術大学
イヴェント情報
ICANOFアーカイヴ
ICANOFの刊行物
BBS
リンク

メディアアートショウ
(ICANOF企画展)
ICANOF Media Art Shows

#8 68-72*世界革命*展
ASTERISK
(2008.7.24-8.24)
#7 イスムス=地峡展
ISTHMUS
(2007.9.12-30)

#6 テロメリック展
TELOMERIC
(2006.4.1-12.3)
・TOP
・TELOMERIC vol. 1
・TELOMERIC vol. 2
・TELOMERIC vol. 3
・TELOMERIC vol. 4
・「カルト・ポスタル」計画
・Telomeric T-shirts
#5 メガネウラ展
MEGANEURA
(2005.9.17-10.2)
#4 風景の頭部展
SCALPLESS LLANDSSSCAPE
(2004.9.4-20)
#3 風景にメス展
LLANDSCAPE AND SCALPEL
(2004.3.13-28)
#2 食間展
DISTOPIA AND HETEROTOPIA BETWEEN MEALS
(2003.1.12-2.23)
#1 タイムラグ・ラグタイム展
TIMELAG/RAGTIME
(2001.9.21-30)

icanof banner ■ICANOF代表
  米内安芸
■プロデューサー
  三浦文恵
■キュレーター
  豊島重之

www.hi-net.ne.jp/icanof/
mail:icanof@hi-net.ne.jp

■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
mail:icanof@hi-net.ne.jp
【 ICANOF メディアアートショウ 】
- ICANOF Media Art Shows -

ICANOF「TELOMERIC展/VOL.1」
出品者/山本貴士・花田悟美・高沢利栄  企画・展示構成/豊島重之
会 期:2006年4月1日(土)〜15日(土)12:00〜20:00 [会期中無休]
会 場: photographers' gallery + IKAZUCHI (IKAZUCHIはphotographers' galleryの向かい部屋)
※お問合せはいずれもphotographers' gallery 03-5368-2631/pp@office.email.ne.jp まで。


©YAMAMOTO Takashi

©HANADA Satomi

©TAKASAWA Toshie

山本 貴士
1973年生。ICANOFメンバー。05年2〜3月photographers' galleryにて写真展「明かずの間・行かずの地が与えられたとせよ」。05年9月ICANOF「メガネウラ展」出品。
花田 悟美
1974年生。ICANOFメンバー。04年ICANOF「風景にメス展」「風景の頭部展」05年9月「メガネウラ展」出品。ICANOF写真集に40点掲載。
高沢 利栄
1960年生。ICANOFメンバー。04年2月みすず書房刊/ベルンハルト著「消去」上下巻の表紙カヴァーに写真2点掲載



 百年も前に壊れた鉱石ラヂオから不意に鳴り出す「ワタシ達ハイマ交戦状態ニアル」。無人の郊外のそのまた棄景に積み上げられた廃車の山のどこかから着信する「ワタシ達ハイマ交戦状態ニアル」。キガリやダルフールやグアンタナモの監獄の片隅に震える蝿取り紙に粘着した蝿の羽音がサバエなす「---マ交--態ニア----」。
 写真の外部と写真=外部。写真を撮ることと考えること。写真における主体性の麻痺と意味性の拘縮。写真という地名と地名を失った公共圏。一極化する政治的現実に踊らされる「無意識のテロル」とその最深部の裂け目を微動する「ダークマター=暗黒物質」。カンブリア紀のオパビニアとピカイア。「ドキュマン」のカンパニュラとブリオニア。バタイユの「バ/BAS=下方・低俗」と「ア・バ/A BAS=打倒・転覆」。その悉くがいま一斉に「バタイユ=交戦」状態に入った。






関連イベント(いずれもphotographers' galleryにて)
4月1日(土)  開場17:30 会費1000円※要予約
18:00〜18:20
苫米地真弓ダンス「写真/ここになき、灰(FOTEU LA CENDRE=フォトゥ・ラ・ サンドル)」
18:30〜20:00 オープニング・パーティ
4月8日(土)  開場18:30 会費1500円 ※要予約
19:00〜 トーク「写真の〈北〉と写真の〈南〉──表象のHETEROLOGY」
講師:今福龍太(文化人類学・メディア批評・東京外国語大学大学院教授)
4月15日(土)  開場18:30 会費1500円 ※要予約
19:00〜 トーク「〈不定形〉と〈無頭性〉をめぐって──バタイユの芸術論から」
講師:江澤健一郎(フランス文学・立教大法政大講師)
定員に達した時点で締め切らせて頂きます。
お問合せ・ご予約はphotographers'gallery 03-5368-2631まで。

Performer, Guest & MC Profiles
苫米地 真弓 TOMABECHI Mayumi

1974年生。ダンスアーティスト。05年7月モレキュラーシアター「NOWOH ON」出演(国際交流基金フォーラム)9月ダンスソロ「DISPARITIONの用法」(八戸市美術館)。
今福 龍太 IMAFUKU Ryuta

1955年生。文化人類学・メディア批評・群島-世界論。メキシコ国立自治大学・サンパウロカトリック大学・カリフォルニア大学・札幌大学・奄美自由大学ほか。現在、東京外国語大学大学院教授。
著書に「クレオール主義」(青土社・1991/ちくま学芸文庫・2003)、「野生のテクノロジー」(岩波書店・1995)、「ここではない場所──イマージュの回廊へ」(岩波書店・2001)ほか多数。
江澤健一郎 EZAWA Kenichiro

1967年生。フランス文学。立教大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士課程後期課程満期退学。現在、立教大学・法政大学・日本社会事業大学兼任講師。
著書「ジョルジュ・バタイユの《不定形》の美学」(水声社・2005)。共訳書「聖なる陰謀──「アセファル」資料集」(ちくま学芸文庫・2006)。論考「写真における時間の傷痕」ほか。
花田 喜隆 HANADA Yoshitaka

1968年生。ICANOFアートディレクター。05年9月ICANOF写真集に論稿「序文とのみ題して」ほか多数。苫米地ダンスのためのTEXT-PROJECTIONを制作。
豊島 重之 TOSHIMA Shigeyuki

1946年生。ICANOFキュレータ−。『舞台芸術』誌に論稿「流刑地の秘書たち」「箔足のバロック」共同討議「行為と痕跡のポリティクス」。05年7月「ベケット東京サミット」企画主催(国際交流基金フォーラム)。

ご予約・お問い合せ/photographers' gallery
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-11-401,403
tel/fax:03-5368-2631 E-mail:pp@office.email.ne.jp URL:http://www.pg-web.net/



Copyright © 2001-10  ICANOF  All rights reserved