1. HOME
  2. EXHIBITION
  3. GEIDAI
  4. PROJECT
  5. ARCHIVE
  6. PUBLICATION
  7. SHOP
  8. LINK
  9. ICANOF?
  10. >> MOL

■ICANOF代表:米内安芸
■プロデューサー:三浦文恵
■キュレーター:豊島重之
■ICANOF事務局
青森県八戸市古常泉下14-18
14-18 Furujosenshita, Hachinohe-shi, Aomori, JAPAN
Zip/〒031-0022
Tel 090-2998-0224(高沢)
Fax 0178-45-9247
e-mail:icanof@hi-net.ne.jp

ICANOF主催・共催・協力企画&イベント

ICANOF-hosted/joint/assciated Projects & Events

モレキュラー・シアター演劇『DECOY=デコイ/囮=おとり』沖縄公演

Molecular Theatre performance "DECOY" in OKINAWA


DECOY preview #1
OHKUBO Kazue in "DECOY" preview/©KUSHIBIKI Moto'o


2007年11月3日(Sat) 開演13:00~(マチネ40分)・開演18:30~ (ソワレ75分)
4日(Sun) 開演12:00~(マチネ40分) の計3ステージ(開場 各15分前)
会場/沖縄県立美術館(1F講座室)  沖縄県那覇市おもろまち3-1-1 TEL 098-851-5402 FAX 098-941-3730
入場料/1000円

主催/モレキュラーシアター produced/performed by Molecular Theatre
共催/沖縄県立美術館 cooperated by Okinawa Prefectural Museum of Art
協力/「写真0年 沖縄」展実行委員会 cooperated by Shashin-zeronen-Okinawa exhibition  http://zeronen.jugem.jp/
助成/芸術文化振興基金 supported by Japan Arts Fund

『DECOY/囮』あらすじ

どんな共同体にあっても「単なる生」は侵入者/贈与と看做される。しかも交換なき贈与はすべからく違法である。拷問が行使される。衆人環視のもとで。誰にも知られることなく。拷問には囮/仮想の他者が不可欠である。その他者こそ「この私/この身体」に他ならない、としたら―――

第一場:侵入者のインペラティヴ=命法
第二場:顔貌性のアンフィニティフ=不定法
第三場:腐肉の発話・未開の発明
第四場:美には傷以外の起源はない

テクスト

アルフォンソ・リンギス「何も共有していない者たちの共同体」(野谷啓二訳・洛北出版)/ジャン・ジュネ「シャティーラの四時間」(鵜飼哲訳)
Based on "The Community of Those Who Have Nothing in Common" by Alphonso Lingis, and "Quatre heures a Chatila" by Jean Genet



DECOY preview #2
TOMABECHI Mayumi (right), OHKUBO Kazue (left)
in "DECOY" preview/©KUSHIBIKI Moto'o


DATA

演出・美術・構成:豊島重之(モレキュラーシアター芸術監督)
directed/scenographed by TOSHIMA Shigeyuki

出演:大久保一恵・苫米地真弓・田島千征・四戸由香・秋山容子・斉藤尚子・豊島圭佑・高沢利栄ほか 
映像:佐藤英和ほか

※3日アフタートーク講師:鴻英良(演劇批評家・みすず書房新刊「カバコフ自伝」訳者)
Guest lecturer:OTORI Hidenaga

主催・問合せ:モレキュラーシアター (代表・高沢利栄 090-2998-0224)
Molecular Theatre <mol@r66.7-dj.com> http://www.hi-net.ne.jp/icanof/
〒031-0022 青森県八戸市古常泉下14-18



recent | previous